【分離型】iPadにキーボードは必要?いらない?悩むあなたにコレがおすすめ

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き レビュー
疑問や悩み

iPadにキーボードってあったら便利だろうけど、そんなに使わないんだよね。

iPadのキーボード付きケースを選ぶときのポイントを知りたい

本記事では、iPad(第7、8世代)のキーボードケースの選び方とオススメのポイントを、レビューを交えて紹介していきます。

いつも使うわけじゃないから、分離型。

iPad 10.2のおしゃれなキーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバーワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用
ASIN:B0823MHSH9

iPad用の純正キーボードを購入したけど、キーボードを使う機会が無い。というのはよく聞く話。

もちろんタイピング作業の時には、ハードウェアキーボードがあると生産性が上がることは言うまでもありません。

しかし、「キーボードを使わない時はかさばるし、重い」のです。

あなたは、iPadをどのように活用しますか?

タイピング作業意外にも、ゲームをしたり書籍を読んだり。

ときには寝ながら映画を観たり、レシピを見ながら料理したり…。

いろいろなiPadの使い道が想像できますよね?

手で持ちながら作業すると、キーボードやケース自体の重さがズッシリくるものです。

そこで、柔軟な使い方ができる「脱着式キーボードケース」をおすすめします。

「使わないときはキーボードを外してしまおう!」というわけです。

iPad 10.2 おしゃれ キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] キーボードを外した様子

この記事で紹介するキーボード

購入価格は、税込み¥6,299(2020/05/26現在)でした。

背面カバーの重さ

それでは、各パーツの重さを見ていきましょう。まずは、背面カバーです。

iPad 10.2のおしゃれなキーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバーワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用 カバーのみの重さは118g
カバーのみの重さは118g

背面カバーだけの重さは118g。他の背面カバー製品と比較しても軽量です。

背面カバー+iPad(第7世代10.2インチ)の重さ

iiPad 10.2のおしゃれなキーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバーワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用 iPadに背面カバーを装着した重さは641g

iPad(第7世代10.2インチ)に装着した重さは、641g。

iPadの表面にガラスフィルムを付けたので、多少の重さが追加されています。

キーボードの重さ

iPad 10.2のおしゃれなキーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバーワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用キーボード単体の重さは480g
キーボード単体の重さ480g

iPadを含めたケース全体の重さは約1.1kgでした。

モバイルPCの持ち運びしやすい重さは、一般的に1.5kgくらいまでと言われています。

約1.1kgは、iPadだと思うと軽くないですが、ノートPCだと思えば許容できる感じ。

キーボードケースの厚さ

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] 本体の厚さ
本体の厚さ約1.8cm

分離型キーボードがおすすめな8つの理由

フレキシブルさが武器になる!

最近のキーボード付きiPadケースには、キーボードの取り外しができるものが多く出ています。

キーボードカバーを選ぶポイントは、「キーボードを外して他のタブレットホルダーにiPadをセットできるか?」ということ。

ケースに厚みがあると別のホルダーへ収まらず、わざわざケースからiPadを取り出す羽目になってしまいます。

例えば「フレキシブルアーム」。これがあると、iPadのマルチな才能が輝くのです。

寝ながらiPadを使えるフレキシブルアーム
フレキシブルアーム

キーボードとiPadを分離して、そのままガチっとフレキシブルアームにセット。

背面カバーを装着したままiPadをフレキシブルスタンドに装着
背面ケースを付けたまま装着

背面ケースを付けたままアームに装着できるので、ストレスなく切り替えできます。

フレキシブルアームをどこで使う?
  • ベッドに寝ながら動画視聴
  • Bluetoothマウスを使って、寝ながらブラウジング
  • ウォーキングマシンにくっつけて動画を見ながら運動
  • キッチン棚にくっつけて、見やすい高さでクッキング

縦置きできますか?はい、スタンドがあればね。

このキーボードケース単体では縦置きに対応していません。

iPadを縦置きで利用するには、別途スタンドが必要です。

iPad 10.2のおしゃれなキーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバーワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用キーボードから外して縦置きでブラウジング
ASIN:B0823MHSH9

Bluetooth対応マウスが使えるようになったことで、パソコン感覚でブラウジングできます。

エレコム タブレットスタンド スマホスタンド フレキシブル三脚 ブラック TB-DSFLEXBK

コンパクトに持ち運びできるフレキシブル三脚。モバイル用途で活躍します。

単純に、キーボードと分離してiPadを横に並べて読書するのもアリ。

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] キーボードから外して縦置きで読書

書籍アプリ「i文庫HD」は矢印キーでページ送りができて便利です。

リモートデスクトップでWindowsノートに変身

iPadでリモートデスクトップって、レスポンスが遅いんじゃないの?と思うかもしれません。

しかしどうでしょう。これが驚くほどにスムーズなのです。まるでWindowsのノートパソコンを使っているのかと錯覚してしまうほどです。

ipadでリモートデスクトップ接続
iPadでリモートデスクトップ接続(解像度2048 × 1536)

マウスの右クリックだって、もちろん自然に反応してくれます。

日本語入力は、キーボードの「caps lock」キーで切り替えができます。

ちょうど左手の小指で切り替えができるので、慣れるとノートPCのキーボードよりもこちらの入力の方が使いやすく感じてしまうのです。

リモートデスクトップの解像度の範囲がスゴい。「2048 × 1536」に設定すると、文字が小さいながらも、ゆったりした画面で作業できます。

ノートパソコン側がタッチ入力に対応していなくても、iPadを通してタッチ操作ができるんですね。なんかトクした感じ。

Microsoft リモートデスクトップ

暗い部屋にはバックライト

暗い場所でタイピング作業。

「もう少しキーボードが見やすければいいのに」

というときはありませんか?

このキーボードには、バックライトが付いています。

左右とセンターの3箇所で独立して色を変更することができて、視覚的にも楽しめます。

iPad 10.2  おしゃれな キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用]キーボードのバックライトで暗い部屋でのタイピングが捗る

ただし、相応のバッテリーを消耗するので、長持ちさせるために基本は消灯して使っています。

料理の相棒「テントモード」

iPadを180度回転して接続することで、テントモードとして使うことができます。

ipad 第7世代 キーボード bluetooth iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] iPadを180度回転して装着

iPadを180度回転して接続して

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] テントモードの利用

「テントモード」の完成!

 テントモードの利用。15cmの幅でも使える

奥行き15cmでも安定するので、狭いテーブルで映画を観ることもできます。

テントモードのメリット
  • 狭いスペースでも立てかけられる
  • 強めにタップしても倒れにくい

テントモードは、iPadで料理のレシピを見ながら調理するときに活躍します。

「ながら作業」でiPadを使うと、つい強めにタップしてしまうこともあるんです。

テントモードなら倒れずグッと踏ん張ってくれるし、水滴がキーボードにかかることを防ぐことができます。

おひざの上で、タイピング

電車の席で、ちょっと文章を打ち込みたいときはありませんか?

キーボードケースの奥行きは約18センチ。狭いひざの上でもタイピングできます。

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用] キーボードの奥行18cm。膝の上でも打ち込めます

まさか、まだスペースキーで漢字変換してるの?

ちょっと惜しいのが、エンターキーが小さいこと。これは慣れるしかないですね。

iPad 10.2 キーボード ケース第7世代2019モデル Bluetoothキーボードカバー343 DIY/七色バックライト付き オートスリープ機能 ペンシルホルダー付き ワイヤレス 一体型脱着式スマート軽量ケースキーボード [ iPad 10.2/iPad Air3/Pro 10.5(2017)兼用]Enterキーが小さい

iPadにキーボードを使うメリットは、ショートカットキーを使えること。

「コピー」「カット」「ペースト」がサッと使えて作業がはかどります。

iPad(第7世代 10.2インチ)を使って驚いた機能は、漢字変換にスペースキーを押さなくても、自動で変換してくれる「ライブ変換機能」です。

(ライブ変換機能は、iPadOS 13.4から搭載されました)

最初は勝手に漢字変換されることが気味悪く、不思議な感覚でした。

しかし、会社で議事録用にiPad+キーボードを使ったところ、タイピングがスラスラ進むことに感動!

きっとiPadの辞書が秀逸なのでしょう。

意図した漢字にピッタリ変換する様子は、まさにスピーディー!

これまでは漢字変換にスペースキーを何度も押してイライラすることがありました。

今ではライブ変換に慣れてしまい、手放せなくなっています。

充電したの、いつだっけ?

キーボードの充電は面倒ですよね。

このキーボードは一度の充電で100日間スタンバイできます。前回いつ充電したか忘れるほどです。

バッテリー残量が少なくなると、インジケーターが赤く点滅するので事前に察知しやすいです。

\製品の仕様/
  • 充電時間 4時間
  • スタンバイ時間 100日
  • 稼働時間(バックライトなし)
    120時間
  • 稼働時間(バックライト付き)
    4時間
  • バッテリー容量 500mAh
  • バッテリー寿命 300サイクル

さいごに

いかがでしたでしょうか?

iPadにキーボードを付けると、パソコンのように使えて便利。

でも、iPadの使い方はタイピング作業だけではありません。

iPadだからこそ、いろいろなシーンで柔軟に使えるキーボードケースを選びたいですね。

さあ、あなたはiPadでどんな体験をしますか?