レビュー!DellキーボードKB216は手首が楽

KB216

3年間使ってきたキーボードの調子が悪くなってきたので買い替えました。
2,000円ほどの製品ですが、思いのほか使いやすいので紹介します!

マルチメディアキーボード(日本語)- KB216

アイソレーションキーボード

キーボードの各キーが独立しているキーボードです。一般的なキーボードはキーが隣接していますが、アイソレーションキーボードでは、各キーの間にある程度の間隔が設けられています。この「KB216」の間隔は5mmほどです。

打鍵音が静かなキー

全体の質感は値段相応ですが、カチャカチャという打音が抑えられています。 急にキーボードの打鍵音が静かになったため、周囲からは仕事をしているか分からなくなるほどです。

キーボードを押した感覚は「フワ」っとした柔らかい印象。打鍵時の反発感は少なく、軽いタッチで入力することができます。

キートップが指の形に合わせて絶妙に湾曲しているため、指へのフィット感があります。少しザラザラとした表面処理でて触り心地は良好です。

手首の負担が軽減

これまで使用してきた「DELL KB212」と比較すると、3mmほど薄くなりました。たった3㎜の違いですが、手首をそらす角度が緩くなり負担も軽減されました。「パソコン腱鞘炎」を経験している私にとって嬉しい収穫です。小さな負担でも毎日8時間と考えると、この積み重ねは大きいです。

キーボードの裏にある「チルトスタンド」の意味

キーボードのチルトスタンド(足)は元々「ブラインドタッチができない方がキーの印字が見やすいように」と設計されたものです。足を立てたほうが「使いやすい」という方もいると思いますが、気づかないうちに手首への負担がかかっているかもしれません。

【「手首が疲れない」は気のせい!? キーボードに角度を付けるあの小さな足が必要な「本当の理由」|lifehacker】
https://www.lifehacker.jp

「Fn」キーが必要

「Print Screen」を使うためには、「Fn」+「Print Screen」の同時押しが必要です。ここは受け入れて慣れていくしかないですね。

届くまでに10日

Dellの公式サイトで、注文してから到着までに約10日かかりました。

注文したことを忘れた頃に届きます。

【 キーボードおよびコンボ |Dell 日本】
https://www.dell.com/ja-jp/shop/

KB216を買い換えました。

2020/10/04に追記しました。

その事件は、「なんか最近、Enterキーがフニャフニャ”してるな…。」と思っていた矢先の出来事でした。

Linuxのコンソールを操作している最中に突然、改行が止まらなくなったんです。

なんだこれ!?サーバーが乗っ取られたか?!

もう冷や汗がどっと出てきました。

キーボードをよく見ると、押下したEnterキーが途中で引っかかって、元に戻らなくなっていたんです。

1年4か月の間、このKB216は文句も言わずよく働いてくれました。限界だったんだね。ありがとう!

というわけで、その事件の直後にAmazonで注文。

自宅でも職場でも「KB216」を使っているので、もう他のキーボードに乗せ換えることができないのです。

dell wired キーボード kb216 ブラック梱包-表
dell wired キーボード kb216 ブラック梱包

「2,310円(税込み)」(2020/10/04現在)

それでは2020年版をレビューします!(といっても同じ製品ですが…。)

dell wired キーボード kb216 ブラック
保証期間は、購入より1年間

気づかなかったのですが、1年保証がついていたんですね。

念のために、箱は捨てずにとっておきます。

dell wired キーボード kb216 ブラック内箱
dell wired キーボード kb216 ブラック内箱
dell wired キーボード kb216 ブラック 内箱
dell wired キーボード kb216 ブラック
dell wired キーボード kb216 ブラック 裏面
dell wired キーボード kb216 ブラック

これからまた、お世話になります。