さらばWi-Fi不調!有線LANで快適ファイヤースティック生活をゲットした話

ファイヤースティックでyoutubeが見れない、接続できない、wifi環境なしでも楽しみたい方への有線LAN化のおすすめ
疑問や悩み

Fire TV Stick(ファイヤースティック)でWi-Fiに接続できないことがある

Fire TV Stick で映画やYouTubeが固まる。

Fire TV Stick をWi-Fiなしでも使いたい。

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

  •  有線LANでファイヤースティックを使うイーサネットアダプター
  •  こんな方には有線LAN接続がおすすめ
  •  有線LANで接続した場合の速度比較

まだWi-Fiトラブルで消耗してるの?

この記事を書いているわたしは、第3世代のFire TV Stick(ファイヤースティック)を利用しています。

第1世代と比べるとサックサク動いてくれるので、「おうち時間」に重宝しています。

しかしながら、どうしても時々起きてしまうWi-Fiの通信トラブル。

我が家では映画やYouTubeを見ている途中に固まることが時々発生していました。

そこで導入したのが「Amazon イーサネットアダプタ」です。

Amazon イーサネットアダプタ

これはファイヤースティックをWi-Fiではなく、有線LANでネットワークに接続するアイテム。

つまり、このアダプターを使うと「Wi-Fi電波が弱い!」とネットワークのトラブルに悩むことなく、安定してファイヤースティックを使えるってわけです。

この有線LANのアダプターを導入して1ヵ月。

通信環境への効果はテキメンです。Wi-Fi使用時と比較して、ダウンロード速度が倍増しました。(速度比較は下の方で実施しています)

今では安定した通信のおかげでカクカク止まることなく、快適なファイヤースティック生活をゲットできました。

有線LAN接続に変えて良かった…。

1つ注意点は、Amazonイーサネットアダプタは「第1世代」のFire TV  Stickでは使用できないということ。

購入前にご利用のタイプを確認しておきましょうね。

ちなみに、このリモコンをお使いの場合は第一世代となります。

第1世代のファイヤースティックリモコン

残念ながら、第1世代のファイヤースティックには「Amazonイーサネットアダプタ」が利用できません。

別の記事で第1世代から買い換えた時の感想を紹介していますので、よろしければどうぞ。

第1世代はもう寿命?【Fire TV Stick】が重くて消耗しているあなたへの提案

2021年1月24日

こんな悩みを抱える方に「有線LAN」がおすすめ

Fire TV  Stick(ファイヤースティック)でこんなお悩みはありませんか?

\ファイヤースティックの悩み/
  • Wi-Fiの電波が弱く、映画やユーチューブ動画が固まる
  • LANケーブルでFire TV Stickを接続したい
  • 通信トラブルで家族がイライラしている

我が家のケースでは、2階に設置したWi-Fiルーターから1階テレビまでの距離が遠くて、Wi-Fiが入りにくいという課題がありました。

Wi-Fi中継器を導入したものの、テレビの裏側まではなかなか5GHz帯の電波が届きません。

月に2~3回は、ネットワーク不調でカクカク止まるケースが発生していたのです。

また、映画の途中で止まった…。

映画を観ている最中に突然固まったりして、そりゃもう家族から大ブーイング。

また止まったよ~!何とかならないの?!

さらにネットワークトラブルは「いつも起きるわけじゃない」ってところが、悩みのポイントでした。

なので、映画を観る前には「お願いの儀式」があったわけです。

どうか神様、最後まで止まらずに映画を観させてください。

Wi-Fiネットワークトラブルが発生した時の対処法

ファイヤースティックでネットワーク不調が起きた時に行っていた手順は次の内容です。

\Wi-Fiネットワークトラブルが発生した時の対処法/
  • Wi-Fiルーターの再起動
  • ファイヤースティック本体の再起動
  • 別のWi-Fiチャンネルに切り替える

ほとんどはWi-Fiルーターとファイヤースティックの再起動の解決策で回復するんですけどね。

でもWi-Fi不調のたびにこんな事していたら、せっかく映画に盛り上がっていた気持ちが興ざめしてしまいます…。

もう映画は結構です。スマホでゲームでもしますわ。

悔しい。途中まであんなに盛り上がっていたのに…!

テレビの裏側にスイッチングハブを設置していたので、有線でファイヤースティックを接続できればネットワークの不調が解決しそうです。

そこで2日間悩んだ結果、ついに「イーサーネットアダプタ」でLAN接続することを決意!

よっしゃー!有線LANにしちゃるわー!!

Amazonのカスタマーレビューでは、5千件以上の評価で★4.3(5段階評価)と、かなりの高スコア。

というか、すでに5千も集まるほど使っている人が多いとは驚きです。

Fire TV Stickとイーサーネットアダプターをつなぐ方法

「Amazonイーサーネットアダプター」の接続手順はとっても簡単。

イーサーネットアダプターをつなぐ方法
  1.  「イーサーネットアダプター」にLANケーブルを接続する
  2.  「イーサーネットアダプター」の先端をFire TV StickのMicro USBポートに接続する
イーサーネットアダプターにLANケーブルを接続する
イーサネットアダプターのLANケーブル差込口

多言語対応の説明書には、イラスト入りで説明してくれています。

Amazon イーサネットアダプタの取り扱い説明書にはイラスト入りで説明

たったこれだけです。設定画面を開いてネットワーク設定をアレコレ変更することはありません。

LANケーブルを接続すると、ネットワーク設定に「イーサネットの設定(接続済み)」の表示

自動で有線LANを認識してくれるのでありがたいです。

イーサネットアダプターの導入効果

我が家で「イーサーネットアダプター」を使った結果、次のような効果がありました。

\こんな効果がありました/
  • 映画やYouTube(ユーチューブ)の閲覧時にカクカク止まらなくなった
  • 「もっと映画を楽しみたい欲」が襲来した!→Netflixへの加入を決断
  • 家族が韓国ドラマに夢中になった
  • テレビを囲んで家族の団らん時間が増えた

「韓国ドラマに夢中」って、イーサネットアダプターの効果ってわけじゃないですね。(^_^;)))

でもまあ、ストレスなく使えるようになったことで「家族の安らぎ時間」に貢献してくれています。

これまでは「Amazonプライム・ビデオ」が主なソースでしたが、「TVer」や「Netflix」など色んなコンテンツを楽しむことが増えました。

もはや地上波よりも、Fire TV Stickを利用することが多いです。

どれくらいの通信速度があれば安定するの?

そもそもPrime Videoをカクカク止まらずに視聴するには、どれだけの速度があればいいのでしょうか?

プライムビデオのヘルプを参照すると、ライブストリーミングを楽しむには5MB/s(約40Mbps)以上の通信速度が必要とのこと。

Prime Videoでのライブストリーミングやライブイベントの視聴に問題がある場合は、対応デバイスで視聴していることと、ダウンロード速度が十分であることを確認してください。Prime Videoでは、SD(標準画質)コンテンツの場合は1MB/s以上、HD(高画質)コンテンツの場合は5MB/s以上のダウンロード速度を推奨しています。Prime Videoは、利用可能な帯域幅の速度に基づき、最大限のストリーミング品質をお届けします。

「Prime Videoのライブストリーミングに関する問題」|Amazon

(外部リンク)Prime Videoのライブストリーミングに関する問題|Amazon

(外部リンク)推奨されるインターネット接続速度|Netfixヘルプセンター

「有線LAN」と「Wi-Fi」の速度を検証

Wi-Fiから有線LANに変わることで、実際に通信状況はどれほど変わるのでしょうか?

ファイヤースティックで使える「Silkブラウザ」を使って、通信速度を計測していきます。

速度計測には、おなじみ「株式会社 USEN ICT Solutions」が提供する「インターネット回線スピードテスト」を使って数値を計測していきます。

(外部リンク)インターネット回線スピードテスト|株式会社 USEN ICT Solutions

Wi-Fiでの速度計測結果

まずはWi-Fiでの通信を試します。LANケーブルを抜いて計測開始。

Wi-Fiでの速度計測結果
Wi-Fiでの速度計測結果
\Wi-Fiでの速度計測結果/
  • ダウンロード速度 39.84Mbps
  • アップロード速度 65.48Mbps
  • PING 12.50ms
  • JITTER 36.71ms

常にこれくらいの速度が出ていれば映画もスムーズに見られるんです。問題は「不安定になりがち」ってところなんです。

ちなみに、計測結果の「PING」と「JITTER」の意味は以下のような感じです。

PINGとは
自分と接続先との通信時の応答速度のこと。
サーバーに「このデータをください!」ってお願いしてから「はいコレね!」って手元にくるまでのタイムラグのこと。この数値が小さいほど、通信環境が良い。
JITTERとは
Pingのブレ幅の数値。この値が小さい方が、応答速度のブレが少なく安定している通信環境。

イーサネットアダプターを接続したテスト結果

それではお待ちかね、有線LANでの速度計測です。LANケーブルをカチっと差し込んで計測開始!

有線LANiでの速度計測結果
有線LANでの速度計測結果
\有線LANでの速度計測結果/
  • ダウンロード速度 86.49Mbps
  • アップロード速度 99.01Mbps
  • PING 10.20ms
  • JITTER 0.37ms

ダウンロード速度が倍増しました。PING値は変化がありませんが、回線の安定性を示すJITTER値も0に近づいたことで、安定している事が分かります。

こうして通信速度をチェックしてみると、イーサーネットアダプターの効果が数字で分かります。

実際に映画やYouTubeを見ているときにも、カクカクという引っかかりがありません。

ネットワーク不調で悩んでいたあの頃の自分に「悩んでないで有線LANにしちゃいな!」って言ってやりたいです。

おわりに

Wi-Fiが不安定でYouTubeやプライムビデオがカクカク固まって見れない、ストレスを抱えているという方は、有線接続への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?

自宅で過ごす家族との時間、ストレスなく過ごしたいですね。

それではまた!

第1世代はもう寿命?【Fire TV Stick】が重くて消耗しているあなたへの提案

2021年1月24日