Amazon Echoで使うおすすめ【経済ニューススキル】6選!

アレクサの経済ニューススキル6選

新型コロナウィルスの拡大が経済に深刻な影響が及びつつある2020年3月。日経平均が3年4か月振りの1万6千円台を付けたことがニュースになりました。

この不安定な状況がいつまで続くのかと不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Amazon EchoのAlexa(アレクサ)で使える「経済ニューススキル」に焦点をあてて、おすすめのスキルを6つ紹介していきます!

フラッシュニュース対応スキル

はじめに、フラッシュニュースに登録できる「フラッシュブリーフィングスキル」を3つ紹介します。
スキルを追加すると「アレクサ、ニュース読んで」と話しかけると読み上げてくれます。

大和証券株式ニュース

出典:https://www.amazon.co.jp/

大和証券マーケット情報

その日のマーケットのポイントを、大和証券のストラテジスト(戦略を立案する専門家)が解説してくれます。

どのような要因が株価や経済に影響を与えているのかを、論理的に説明してくれます。

大和証券株式ニュース
このスキルも登録すると、大和証券株式ニュースを「アレクサ、大和証券」で呼び出しできます。

\こんな方におすすめ/
  • 専門家からの役立つ情報が欲しい方
  • 当日の市場の様子を知りたい方
  • 人の声でニュースを聴きたい方

日本経済新聞 電子版

出典:https://www.amazon.co.jp/

日本経済新聞 電子版(Amazon)

使い方の例
 「アレクサ、日経」でも利用できます。

日経電子版のニュースをアナウンサーが読み上げてくれます。家事をしながらのスキマ時間に、その日の押さえておきたい経済ニュースをチェックできます。

日替わりで、原稿を読み上げるアナウンサーが変わります。どの方も読み上げる技術が高く「なるほど、こう話すと聞く人は心地いいと感じるんだな。」と勉強になります。

ニュースの読み上げが終わった後にCMが流れます。若干ボリュームが大き目の傾向なのでAmazon Ecoの音量に要注意。

\こんな方におすすめ/
  • アナウンサーの声で日経ニュースの記事を聴きたい方

株式市況ニュース by 野村證券

出典:https://www.amazon.co.jp/

使い方の例
 「アレクサ、野村證券を開いて」でも利用できます。

当日の相場概況ニュースを合成音声で読み上げてくれます。

スキルを呼び出す前に「アレクサ、もっと早く話して」と 話す速度を上げておくと、スキルの合成音声も早い速度で読み上げてくれます。

\こんな方におすすめ/
  • 合成音声で手っ取り早く市場概況ニュースを知りたい方

呼び出して使う対話形式のスキル

使うときにスキルを呼び出して使う「対話形式スキル」を3つ紹介します!

大和証券株talk

出典:https://www.amazon.co.jp/

大和証券株talk(Amazon)

「アレクサ、株トークを開いて、話題の銘柄を教えて」と話しかけると、大きく値動きした銘柄を教えてくれます。

合成音声のため、あらかじめ読み上げ速度を上げておくと、好みの速度で読み上げてくれます。

使い方の例
 「日経平均はどんな感じ?」
 「話題の銘柄を教えて」
 「値上がり銘柄教えて」

株価教えて! by 松井証券

出典:https://www.amazon.co.jp/

株価教えて! by 松井証券(Amazon)

使い方の例
「アレクサ、松井証券でランキングを教えて」と話しかけると、各種のランキングを合成音声で読み上げてくれます。

ランキング条件
 ・値上がり率
 ・値下がり率
 ・売買高
 ・PER

QUICK

出典:https://www.amazon.co.jp/

QUICK(Amazon)

東京株式市場、東京外国為替市場、新興市場、ニューヨーク株式、ニューヨーク外国為替市場のニュースを読み上げてくれます。

合成音声のため、好みの読み上げ速度に調整できます。

使い方の例
「アレクサ、クイックを開いて、ニュースを読んで」
「 アレクサ、クイックを開いて、新興市場のニュースを読んで」
「 アレクサ、クイックを開いて、ニューヨークのニュースを読んで」

さいごに

新たなスキルを追加すると、アレクサの利用シーンが大きく広がります。無料で使えるニューススキルを使って、 効果的に情報を仕入れていきましょう。

それではまた!

\ こちらの記事もオススメ /
【Amazon Echo/Alexa】読み上げ速度の調整ができるようになっていた