スタンディングデスクをやめた方におすすめ!FlexiSpotとウォーキングマシンの合わせ技

疑問や悩み

スタンディングデスクを実際に使っている人の感想を聞きたい。

FlexiSpotのスタンディングデスクって、実際どうなの?

スタンディングデスクを導入したが、疲れるのでやめたい。

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

  •  FlexiSpotのスタンディングディスクを使った感想
  •  FlexiSpotのメリット・デメリット
  •  スタンディングディスクを組み立て
  •  購入前の注意点

この記事を書いている私は、スタンディングデスクを使って3年ほどです。

このたびFlexiSpot E6シリーズを購入しました。

「立ったり」「座ったり」の作業環境がボタン1つでできる電動昇降タイプのスタンディングデスクです。

それでは、レビューをお届けします。

FlexiSpot E6を使った感想

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」とウォーキングマシン

ウォーキングマシンと組み合わせて活用できる

「運動不足の解消に」と購入したものの、1ヵ月後には物置に追いやられてしまったウォーキングマシン(ALINCO AFW3309)。

スタンディングデスクと併用することで、雑念が起きにくい環境を手に入れるスーパーマシンに生まれ変わりました。

歩きながらパソコン作業をしていると、「ランナーズハイ」でなく「ウォーカーズハイ」とでもいうのでしょうか。

それまでの自宅のデスクでは感じられなかった「夢中で作業に取り組む」状態に誘導してくれます。

特に朝活(早朝の活動)に効果的。

寝ぼけた状態から活動する脳へとシフトチェンジでき、作業効率がグングン上昇してきます。

プライベートの時間が3倍に凝縮

スタンディングデスクを導入する前は、帰宅後にPCを開くとネットニュースの誘導のまま、思考停止で1時間過ぎることがありました。

気が付くと椅子に座ったまま寝てしまうこともたびたびあったものです。

もう、寝よっかな・・・。

スタンディングデスクを導入した後は、帰宅して寝るまでの時間がギュッと3倍に凝縮されました。

本を読んだり調べ事したり、それはもう「あっという間」に感じます。

「積読コーナー」に溜まった本を消化できた事は、自分への自信につながりました。

受け身」から「攻め」にスイッチが変わった感覚です。

自分にぴったりの高さにボタン1発でセットできる

FlexiSpot E6を選んだ最大の理由は「高さのメモリー機能」です。

あなたは会社でパソコン作業をしているとき「あぁ、姿勢を変えたいな」という時はありませんか?

そのような「ちょっと疲れたな・・・」と感じた瞬間に、立ったり座ったりをボタン1つで切り替えができるのです。

机の高さを変えるたびにボタンをずっと押して調整したり、手動のハンドルをクルクル回したりという作業がなく快適なのです。

肩の力を抜いてPC作業

あなたの机の高さは身体に合っていますか?

私はこれまで「正しい姿勢」を強く意識したことはありませんでした。

昇降デスクは「自分の体形に合った楽な姿勢でPC作業ができる」ことがメリットです。

FlexiSpotでmm単位で机の高さ調節していくと、自分に合うちょうどいい高さに「ここだっ!」と決まるポイントがあります。

それは「ピタッ」よりも「ガチッ!」と身体にハマる体感に近いです。

その高さとは「腕を垂直に降ろして、90度に肘を曲げた場所に机がくる高さ」。

この身体にフィットした机の高さは、なんとも言えない心地良さです。立っているのに、身体の力を抜いてリラックスできる姿勢なのです。

これまで知らないうちに肩に負担が掛かっていたことを知りました。

スタンディングデスクは身体に悪い?

スタンディングデスク利用者の声としては、「スタンディングデスクをやめた」「効果がなかった」という意見もでてきます。

確かに「スタンディングデスク」は、文字通り立ちながら作業をするための机です。

しかしながら、「電動昇降タイプ」のスタンディングデスクは「立ったり」「座ったり」を軽快に「切り替えながら」作業をする机なのです。

高さが固定されたスタンディングデスクとは役割が異なり、「軽快に姿勢を切り替えられる」ところにこそ、価値があるのです。

なので、「椅子が要らないデスク」という訳ではありません

スタンディングデスクとの出会い

少し昔話にお付き合いください。

あなたは、帰宅して夕食を食べて満腹な状態でパソコンの前に座ると、すぐに眠くなってしまうことはありませんか?

私はスタンディングデスクに出会う前は、会社から帰宅して寝るだけの毎日でした。

書籍を読もうとしても、あっという間に眠くなってしまうのです。

そんなときに出会った本がメンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」です。

この本には、スタンディングデスクのメリットが記されていて、目が覚めるほど私の悩みに直球で答えてくれる書籍でした。

立っているときは、座っているときに比べて認知能力や集中力、判断力も大きく上昇することが研究で明らかになっています。 

自分を操る超集中力 P96

私は読書の際も部屋の中や安全な場所を歩きながら、本の中の気になったところにマーカーを引き、さまざまな情報を得ています。

自分を操る超集中力 P97

なるほど、歩きながら読書するといいのか・・・?

もしや、アレで自作できるかも!

それまで物置の奥で眠っていた「ウォーキングマシン(ALINCO AFW3309)」を引っ張り出し、強力両面テープでべニア板を貼り付けてみたのです。

メーカーに注意を受けそうなトレッドミルデスクの代用ですが、簡易デスクが完成しました。

トレッドミルデスクとは?
ルームランナーやウォーキングマシンと作業机が一体化したデスクのこと
ウォーキングマシンにべニア板を張り付けてスタンディングデスクの代用

ここで歩きながら読書してみると、頭が冴えて集中できる実感がありました。

こうして3年間、この簡易スタンディングデスクと付き合いがはじまったのです。

この簡易スタンディングデスクで勉強した効果として、失敗続きで諦めかけていた試験に合格することにつながりました。

その一方で、次のような悩みがありました。

\簡易トレッドミルデスクの悩み/
  1. 疲れた時に座れない
  2. じっくり集中したいときに座れない
  3. テーブルが狭く不安定

例えば、プログラミングのバグ修正の場面では、ウォーキングマシンで歩きながら作業することはできません。座ってじっくり作業したいのです。

作業の内容に応じて、「歩きながら、立ちながら、座りながら」を柔軟に切り替えできる机を探すようになりました。

そんな時にやってきた「Amazonプライムデー」。

ネットで評価が高く、組み立てが簡単な電動昇降スタンディングデスク「FLEXISPOT E6セット」が、なんと「2万円引き」だったのです。

2020年10月に「FlexiSpot E7」という新シリーズが発売になったことを知りつつも、これは格安で購入できるチャンスと決意。

よし、これも自己投資だ!

電動スタンディング デスク 昇降式「flexispot e6」をAmazonプライムデーで2万円引きで購入

Amazonセールのおかげで4万円台で購入することができました。

FlexiSpot E6の「メリット・デメリット」

メリット

\ FlexiSpotのメリット /
  • 組み立てが簡単
  • ゆったり作業できる快適な広さ140cm×70cm
  • 高さのメモリー機能でボタン1つで好みの高さに
  • 安全装置「障害物検知機能」付き
  • 価格に見合う頑丈さ
  • 同じ姿勢を警告するアラーム機能

組み立てが簡単

たったの「ネジ6本」で組み立てが完了してしまいます。

1個所だけ「Cねじ問題」で悩まなければ、30分ほどで組み立てられる簡単さです。(Cねじ問題は、後ほど紹介します)

基本的に付属のドライバーで済んでしまいますが、コントローラーの取り付けは電動ドライバーがあったほうがいいです。

ゆったり作業できる快適な広さ140cm×70cm

横幅は、ノートPCの左右に15インチのモニターを2枚を置いても余裕があるほど。

1人で作業するには、かなりゆったりとしたデスクスペースです。

高さのメモリー機能でボタン1つで好みの高さに

「座ったとき」、「立ったとき」それぞれの姿勢でピッタリの高さになるよう3つまで高さを記憶させておくことができます。

安全装置「障害物検知機能」付き

昇降中に接触を検知すると停止する安全機能がついています。

たとえばメモリー機能でスタンディングデスクを下降させる際、椅子のひじ掛けにぶつかると、接触を検知して停止したうえで、少し上方向に戻してくれます。

100kgまで上下に動かせるパワフルなモーターなので、「もしも」のときの安全装置は重要です。

価格に見合う頑丈さ

重量のある頑丈な脚のおかげで、デスク使用中もグラつかず安定してタイピングできます。

さすがに立った姿勢で水平方向に強い力を加えると、多少の揺れは発生します。ただ、通常使用でそこまでの力をかける場面はないので、許容範囲です。

同じ姿勢を警告するアラーム機能

立ちっぱなし、座りっぱなしは身体に負担をかけてしまいます。集中していると「1時間立ちっぱなし」なんていうこともあるものです。

そんなときに活躍するのが、「姿勢アラーム」です。

最初は「この機能、あまり使わないかな」と思ったのです。しかし、集中していると気づかずに片足に体重をかけて悪い姿勢になることも。

今では積極的にアラーム機能を使うようにしています。

ちなみに、設定した時間がくると次のような音が鳴ります。

電動昇降スタンディングデスク FlexiSpot E6シリーズ 姿勢アラーム音

デメリット

FlexiSpotの製品自体のデメリットではありませんが、導入するには「2つのハードル」があります。

残念なポイント (T ^ T)
  1. めちゃくちゃ重い
  2. 設置後のゴミ捨てが大変

この「重さ」「大きさ」について、次に述べていきます。

FlexiSpot E6購入前の注意点

デカくて重い

実は、この記事で伝えたい事はこの部分なんです。

佐川急便のお兄さんが「とても大きくて重たいお荷物が2つ届いています」と電話先で言うくらい。

プロでも「とても重い」と言うほどなので、それなりに覚悟が必要です。

玄関先から自分の部屋に運ぶのが最大の難関です。

2つある梱包を紹介します。

大きさがわかるように、パソコンのキーボードと比較してみました。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」脚部分の配送サイズ68cm×85cm×24cmで重さ27kg

1つは脚部分。もう1つは天板です。

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」天板の配送サイズ79cm×150cm×12cm。重さ30kg

それぞれ27kg30kgなので、重さだけ見れば大人の男性なら「まあ、いけそうだな」と感じるわけです。私もそうでした。

フフフ。
まあ、運べるでしょ。

ところが、届いてみて最初に感じたのは

やっぱり重い!どこを持てばいいの?

です。手を引っ掛ける”掴み”になる部分がないのです。

えらいこっちゃで。
どうやって運ぼうか・・・。

さらに、私の場合は設置する場所は2階なので、階段を登らなければなりません。

段ボールを抱っこするように運びます。

気を抜くと、一瞬で腰と背骨が崩壊しそうな緊迫感。

せーの、フンッ!」って感じで1段ずつ慎重に登っていきます。

最後なんか、孫悟空でいうところの「5倍の界王拳」。

うぉりぁーーー!

って具合でようやくたどり着くわけです。

大袈裟に感じるかもしれませんが、部屋まで運ぶ格闘に30分。

初日は完全に燃え尽きてしまい、組み立てる気力が起きませんでした。

今日はもう、無理です・・・。

女性の方で購入を検討されている場合は、無理せず会社の後輩(男子)に協力をお願いしましょう。

とにかく身体を壊さないように注意が必要です。

段ボールのごみ捨てが大変

組み立て終わってホッと一息したいところですが、部屋の中には大きな段ボールが散乱しています。

緩衝材もゴツく、想像以上にかさばります。

地域の自治体のルールに沿って紙ひもなども用意しておきましょう。

FlexiSpot E6の組み立て

さて、ここからは組み立ての段取りを紹介していきます。

天板の段ボールを開きます。電源ユニットはすでに固定されていて、脚とコントローラーを取り付ければ完成です。

電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」天板を開封

天板を覆っていた緩衝材のゴツさに驚きました。厚さ2センチくらいある段ボール素材の板です。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の分厚い緩衝材

続いて足部分の段ボールを開封します。

電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の脚部分の梱包を開封

こちらにマニュアルと付属品が入っています。

主な付属品は4つ。あっさりした付属品です。

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」に同梱されたネジ

気になるのは「ABC」の袋とは別の袋のネジ。マニュアルにも登場してきません。一体何に使うのでしょう。(後で判明します)

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の高さ調節アジャスター
多少のガタつきならアジャスターで調整可能

脚の裏には、高さ調節のアジャスターがついています。

触った質感は、ゴツっとした硬いプラスチック

床が木の柔らかい無垢板だと、傷がつきそうで心配です。

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の高さ調節アジャスターの裏
昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の高さ調節アジャスターを取り外したところ
アジャスターを取り外したところ

脚を取り付けたら、ケーブル類を電源ユニットに接続します。十分な長さがあるので、ケーブルのたるみが気になります。メッシュ板の下に潜らせるようにしました。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の組み立て配線完了

脚と天板の接続で気を付けるところは、接続部分に「すき間」ができないようにしっかりとネジを締めることです。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の脚の取り付け時の注意点「すき間を作らないようにしっかりとネジを締めること」

ここにすき間があると、完成したときにテーブルの脚が「逆ハの字」になってしまい、スムーズに昇降できません。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の脚の取り付け
すき間が無いように、しっかりとネジを締めるのがポイント

ここまでの順調に進んできましたが、最後のコントローラーの取り付けで「トラブル発生」です。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントロールパネルの取り付け完了
スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントロールパネルにはCネジを利用するとあるが、短くて取り付けできず。

マニュアルには「Cネジ」と書かれていますが、

どう見ても「Cネジ」だと長さが足りないのです。

困ったな、他にネジなんて無いよな・・・。あるじゃない!!

コントロールパネルの取り付けは、長いネジを使う

コントローラーの取り付けは、別の袋に添付されたネジを使うんですね。
確かに長さもピッタリです。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントロールパネルの取り付け完了2

ねじ穴にぴったりです。良かった。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の使い道のないCネジ

配線が完了しました。

それでは机を起こして、完成です。

電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」の組み立て完了

ホッと安心して周囲を見回すと、部屋の中にデカい段ボールや緩衝材が散乱しています。

最後のひと仕事、お掃除がんばります!

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントロールパネル保護フィルム

それでは、コントローラーを保護しているフィルムを剥がします。

まるでテープカットのような緊張感です。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントローラー

ピカピカです。ようこそ我が家へ!

LEDライトが付いていて、ボタンを押すと高級感が漂う感じに演出してくれます。

スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」のコントローラーのLEDバックライト

パソコンとウォーキングマシンの設置

パソコンとウォーキングマシンをセッティングします。

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」とウォーキングマシンで歩きながらパソコン作業

立ち作業に疲れたら、ウォーキングマシンの手すりを折りたたんで、隣の椅子に腰掛けて利用しています。

昇降式電動スタンディングデスク「FlexiSpot E6シリーズ」で椅子に座ってパソコン作業

デスク両脚の間隔は110cmくらいあり、ゆったりとしています。

ウォーキングマシンと椅子を並べて利用できて、都合が良いのです。

実際に「立って作業」する頻度はどの程度なの?

「立ったり、座ったり、歩いたり」を意識しながら、作業するようにしています。

昇降式スタンディングデスクを導入してから、どれくらいの頻度で高さを変えているか振り返ったところ、感覚ですが下記のような割合でした。

\昇降式デスクの活用状況/
  • 立ちながら作業・・・50%
  • ウォーキングしながら作業・・・30%
  • 座って作業・・・20%

もう少し「座る」を意識したほうがいいかなと。

長く付き合えそうなパートナーに出会いました。きっかけをくれたDaigoさんに感謝です。

この記事がスタンディングデスク選びの参考になりましたら幸いです。