スタンディングデスクをやめた理由は【痛み】後悔しない選び方とは?

スタンディングデスクをやめた理由

疑問や悩み

スタンディングデスクをやめた人の理由を知りたい。

昇降デスクって、実はいらないんじゃないの?

スタンディングデスクを導入するときに注意するポイントは?

こういった疑問に答えます。

この記事の内容
  • スタンディングデスクをやめた「みんなの理由」
  • スタンディングデスクの効果的な使い方とは?
  • スタンディングデスクを使い続けるための3つの要素
  • スタンディングデスクの選び方

この記事を書いている私は、電動昇降タイプの「FlexiSpot E6」を導入して1年が経過しました。

下記の記事でFlexiSpotのレビューをまとめています。

FlexiSpotの耐久性と重い理由【レビュー】FlexiSpotの耐久性はどうなの?脚が重い理由とは?

今回は、テレワークでスタンディングデスクを利用している観点から、「スタンディングデスクの効果的な使い方」などをお伝えしていきます。

スタンディングデスクをやめた、みんなの理由

疲れてスタンディングデスクをやめたい女性

この記事にたどり着いたあなたは、「スタンディングデスクのメリットに魅力がある」「テレワークで使いたい」「欲しいけど、悩んでいる」そんな状況ではないでしょうか?

よし!これからは生産性を上げるために、ずっと立ちっぱなしで仕事しよう!

もし、このような考えをもっている方がいたら言いたいです。

その考えを、右手に持ってクルクル丸めて、ポイっと窓の外に捨ててください。

立ちっぱなしで作業をすると、集中できるメリットより、疲れるデメリットが大きいです。

スタンディングデスクの情報をネットで収集すると、たくさん出てくる「やめた理由」。

特に多いのが、次のような「疲れる」と「痛い」という身体の悪影響に関する感想です。

スタンディングデスクをやめた「みんなの理由」
  • 長時間立ち続けると疲れるので、やめた。
  • 足が痛くなってやめた
  • 膝(ひざ)が痛くなった
  • 腰が痛くなった
  • 肩が痛くなった(肩こり)
  • 研究結果で「健康には根拠がない」と言われている

スタンディングデスクでの作業は、無意識に2-3時間も立ちっぱなしで作業してしまうこともあって、そんな日はやっぱり疲れてグッタリ気味。

意識せずに片側に体重をかけた変な姿勢で立つことで、腰にも負担になっていることに気づきます。

それで、こういう使い方を続けていると、

身体が痛い。もう昇降デスク、使うのやめよう…。

となってしまうわけです。

精神科医の樺沢先生は、著書「インプット大全」の中で次のように述べています。

近年、スタンディングデスクの効果が報告される中、長時間立ち続けるのもよくない、スタンディングデスクは効果がないという報告もあります。私の見解は、「立って仕事をする」のがいいのではなく、「座り続ける」のが非常に悪いということ。

インプット大全 P263

この点にわたしも共感しています。「立ったり、座ったり」これを上手に切り替えながら活用するのが効果的なのです。

スタンディングデスクの効果的な「立ち時間」とは?

「スタンディングデスクを使うのやめた」とならないための使い方

スタンディングデスクでは、どれくらいの頻度で姿勢を切り替えていくのがいいのでしょうか?

厚生労働省のガイドラインや研究機関の調査による観点からは、次の3点が挙げられます。

スタンディングデスクの効果的な使い方
  1. 作業を1時間ごと区切り、5分から10分の休憩を取る
  2. 1時間のうちに、立ち姿勢を10分~30分挿入する
  3. 立ちっぱなしで40分以上作業しない

厚生労働省の「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン 」では、PCなどの情報機器で作業をする際に健康を守るための指針として次のように述べています。

一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10 分~15 分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1回~2回程度の小休止を設けるよう指導すること。

厚生労働省(令和元年7月12日付け基発0712第3号)「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」

1つの作業を1時間で区切ることは、パソコンの使い過ぎで心身に悪影響が起きないようにする目安と言えますね。

続いてパソコン作業をする際の「姿勢」については、次のように述べています。

座位のほか、時折立位を交えて作業することが望ましく、座位においては、次の状態によること。

厚生労働省(令和元年7月12日付け基発0712第3号)「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」

厚生労働省も、パソコンの作業時に立ち姿勢を取り入れることを推奨しているわけですね。

それでは、どれくらいの時間「立ち姿勢」で作業するのがいいのでしょうか?

公益財団法人 大原記念労働科学研究所が実施した調査結果では「10分~30分」が適切な立位姿勢の時間と報告されています。

身体違和感や下腿のむくみで評価した短期的な負担軽減効果を得るための立位姿勢の適切な挿入時間は10分から30分となった。

公益財団法人 大原記念労働科学研究所(2018年)「高さ可変デスクを使用したデスクワークへの立位姿勢の導入が身体違和感,疲労,下腿周囲長に及ぼす影響2」

なお、この調査では40分以上立ち姿勢で作業をすると「足のむくみ」が発生したことから、立ち姿勢で長時間の作業をすることは負担が大きいという結果が報告されています。

立位を交えて作業するようにしても、「立ちっぱなし」だと下半身の血流が悪くなって足がむくんでしまうんですね。

足の不調を相談する様子

作業は1時間ごとに区切って、「立ち作業30分」「座り作業30分」「休憩10分」というわけですね。

スタンディングデスクを健康的に使うのって、割と大変そう…。

とはいえ、身体が疲れる前に「立ちっぱなしにならない仕組み」を作ることが、スタンディングデスクを活用する秘訣といえそうです。

スタンディングデスクを使うのは「最初だけ?」

スタンディングデスクを「やめた」とならないために

スタンディングデスクを導入したものの、いざ使い始めてみると、

一度座ったら、立ちたくなくなる

という現実に気付きます。

正直なところ、やっぱり「座っているほうが楽」なんですよね。

この意志の弱さって私だけなのかと思ったら、どうやらそうでもない様子。

ある調査では、この「座っているほうが楽」現象を裏付ける研究結果がでています。

自由に姿勢を選択する今回の検討結果では,いったん座位姿勢を選択した後には,立位姿勢が選択されにくいことも明らかになった。

公益財団法人 大原記念労働科学研究所(2018年)「高さ可変デスクを使用したデスクワークへの立位姿勢の導入が身体違和感,疲労,下腿周囲長に及ぼす影響2」

つまり、「スタンディングデスクを導入したものの、意識しないと立ち姿勢で使わない」ということです。

これでは、せっかく高価なスタンディングデスクを導入しても、結果につながらないですよね。

スタンディングデスク使うの「やめた!」とならないための3つの要素

あなたの行動を決める「フォッグ式行動モデル」とは?

せっかくスタンディングデスクを購入したのに、どうして使わなくなってしまうのでしょうか?

その原因を「フォッグ式行動モデル」を使って掘り下げていきます。

フォッグ式行動モデル」とは、スタンフォード大学のBJ・フォッグ氏が提唱する「人が行動をおこすために必要な要素の関係」をまとめた理論です。

フォッグ式消費者行動モデルとは?

人が行動するためには3つの要素「動機」「能力」「きっかけ」が必要で、どれか1つの要素が欠けていると行動が発生しない。

  • B…「行動」
  • M…「モチベーション」
  • A…「行動障壁、ハードル、難易度、実行能力」
  • P…「きっかけ、トリガー」

フォッグ式行動モデルは、「B=MAP」という公式で表現されます。

フォッグ式消費者行動モデルの公式
フォッグ式消費者行動モデルの公式

下のグラフは、縦軸を「モチベーション」、横軸を「能力(行動障壁)」であらわしたグラフです。

緑色の「行動曲線」よりも上の領域が「行動する領域」、下の領域が「行動しない領域」となります。

フォッグ式消費者行動モデル|Fogg’s Behavior Model
フォッグ式消費者行動モデル
行動障壁とモチベーションの関係
  • モチベーションが高いときは、行動障壁が高くても行動できる
  • モチベーションが低いときは、より簡単な動作が行動を起こしやすい

重要なのは、「人が行動をとるのは、行動曲線を上回るタイミングで”きっかけ”を得たとき」ということ。

仮に「実行するモチベーション」が高くて、「行動しやすい環境」にいたとしても、「きっかけ」がないと行動しないってわけです。

想像してみてください。例えば、あなたがテレワーク続きで運動不足が続いているとしましょう。

毎朝ウォーキングをしようと張り切ってトレーニングウェアを準備して、もう環境はバッチリ。

でも翌朝目覚めると、なんか今日じゃないような気がしてしまうんです。

ちょっと寒いから、来月からね…。

都合よく言い訳して、先送りにしてしまうことはないですか?(…これ、わたしです。)

でも、もし医者から

このまま運動しないと、命の危険がありますね…。

なんて言われたら「やばい、運動しなきゃ!」って「スイッチ」が入るわけです。

これをスタンディングデスクでいうと、作業姿勢を変える対処法は次の3要素が必要になります。

スタンディングデスクで姿勢を変える3つの要素
  1. 「M:動機」・・・姿勢を変えるモチベーション
  2. 「A:能力」・・・デスク昇降の手軽さ
  3. 「P:プロンプト」・・・姿勢を変えるきっかけ

それでは1つずつ、掘り下げていきましょう。

モチベーションには「浮き沈み」がある

疲れてモチベーションが上がらない
スタンディングデスクで姿勢を変える3つの要素
  1. 「M:動機」・・・姿勢を変えるモチベーション
  2. 「A:能力」・・・デスク昇降の手軽さ
  3. 「P:プロンプト」・・・姿勢を変えるきっかけ

まず、1つ目の「動機」についてです。

やっぱり難しいですよ、モチベーションの維持って。

コントロールしようとしても、思った通りに制御できないですからね。

朝は高かったはずの「勉強モチベーション」は、会社から帰宅すると下がるんです。

スタンディングデスクを買ったからといって、仕事や勉強のモチベーションが上がりっぱなしになるとか無いわけで。

スタンディングデスクの購入前に、「試して実感する」

スタンディングデスクを購入するまえに試してみよう

せっかく導入したスタンディングデスクを「やめた」とならないための対処法として、導入前にメリットを体験しておく事をおすすめします。

いきなりスタンディングデスクを購入せずに、まずは「自作スタンディングデスク」で試すってわけです。

試してみよう!気軽にできる「自作デスク」

できるだけお金をかけずに「家に在るもの」を使って、ちょうどいい高さの作業デスクを作ってみましょう。

本当に集中力が上がるのか、どれくらいの机の広さが欲しいのかなど、気づきが得られます。

すぐにできる自作のスタンディングデスク
  • いつもの机に段ボールを重ねてみる
  • キッチン台にノートパソコンを持っていく
  • 本棚やタンスの上にノートパソコンを置く
  • 「押し入れ」を作業机として活用する

3か月マジで試す「レンタルデスク」

スタンディングデスクをスマホでレンタルする女性

スタンディングデスクって、月額数千円でレンタルできるサービスがあることをご存知ですか?

もはや、家具も「サブスク」の時代になりました。使わなくなったら返却してしまいましょう。

レンタルなら、引っ越しなどでライフスタイルが変化した場合にも柔軟に対応できそうです。

注意点としては、最低レンタル期間や返却手数料などのルールがあること。

とはいえ、「買って失敗した!」と後悔することなく「やっぱ別のデスクにしよう」と変更できるのはいいですね。

\ 家具のサブスクリプション /

一般的には、スタンディングデスクを使うと次の効果があると言われています。

スタンディングデスクの効果
  • 眠くなりにくい
  • 第2の心臓「ふくらはぎ」が動くので血流が改善する
  • 判断力、集中力が上昇する

上記のような効果が感じられるか、試しに立ち姿勢で作業してみて

おっ!なんか効果あるかも。

と体験してから導入しても遅くないはず。

スタンディングデスク選びは「電動昇降タイプ」を選択する

スタンディングデスクで姿勢を変える3つの要素
  1. 「M:動機」・・・姿勢を変えるモチベーション
  2. 「A:能力」・・・デスク昇降の手軽さ
  3. 「P:プロンプト」・・・姿勢を変えるきっかけ

2つ目の「行動障壁」についてです。

スタンディングデスクを購入した直後は、嬉しくて立ち作業でテンションが高くなるものです。

モチベーションが高いときは、多少キツくても頑張れるんですよ。

でもね、365日、朝から晩まで元気いっぱいというわけではないんです。

仕事から帰ってメッチャ眠い日もあります。

今日は勉強ナシの方向で…。

スタンディングデスクを選ぶときは、「モチベーションが低いときでも姿勢を切り替えて使えるかな?」とイメージすることが大切です。

ここで、手動でレバーを回して高さ調節するタイプのスタンディングデスクを使った場合の「フォッグ式行動モデル」を見てみましょう。

スタンディングデスクの導入直後は、やる気いっぱい。

モチベーションは「行動曲線より高い」位置なので、手動タイプでも問題なさそうです。

スタンディングデスクを立ち姿勢に切り替える|フォッグ式行動モデル
モチベーションが高いときは、多少ハードルが高くても行動できる

それでは導入して半年後、モチベーションが下がった日はどうでしょうか?

モチベーションが低いときにスタンディングデスクを立ち姿勢に切り替える|フォッグ式行動モデル
モチベーションが低いときは、ハードルが高いと行動しにくい

モチベーションが「行動曲線より低い」ので、手動タイプだと「机の高さを変えよう」という気持ちが起きにくいんですね。

今日は立って勉強するの、やめた。

しかし、電動昇降タイプなら「ポチッ」とボタン1つで高さを調節できます。

モチベーションが低い時でも、これなら立ち姿勢に切り替える「ハードル」がグンと低くなるわけ。

スタンディングデスクを立ち姿勢に切り替える|フォッグ式行動モデル
スタンディングデスクを立ち姿勢に切り替える|フォッグ式行動モデル

以上のことから、スタンディングデスクをながく使うなら、手動でクルクルとレバーを回転させるタイプでなく油圧式か電動昇降タイプの机を選択するのがおすすめです。

さらに電動昇降タイプなら、高さを記憶できる「高さメモリー機能付き」のタイプが便利。

なぜなら、机が「ウィ~ン…」と昇降している間、身体の「ストレッチ時間」に活用できるからです。

高さ調整ボタンを押しっぱなしにする面倒がありません。

実は、このストレッチしている瞬間に「あっそうだ!アレやってみよう!」とアイディアが生まれることが少なくないのです。

アイディアが生まれる瞬間

カウントダウンタイマーで「きっかけ」をつくる

カウントダウンタイマーで「きっかけ」をつくる
スタンディングデスクで姿勢を変える3つの要素
  1. 「M:動機」・・・姿勢を変えるモチベーション
  2. 「A:能力」・・・デスク昇降の手軽さ
  3. 「P:プロンプト」・・・姿勢を変えるきっかけ

最後に、3つ目の「プロンプト(きっかけ)」についてです。

立ち姿勢だと集中力がアップするのですが、気が付くと1時間以上立ちっぱなしで作業してしまうことも。

集中できているんだから、いいんじゃないの?

実は、そうでもありません。

自分でも気付かないうちに「疲れによる作業ミス」や「足のむくみ」といった悪影響が発生しているのです。

年を重ねると、膝や腰の痛みが翌日まで残ってしまうんですよね。

スタンディングデスクで姿勢を切り替える「きっかけ作り」には、「カウントダウンタイマー」を活用するのが効果的。

集中し過ぎで体調を崩す前に「姿勢を変えるきっかけ」を与えてくれるのが、「キューブ型タイマー」。

セットしたい時間の面を上向きにしておくだけで、カウントダウンが動くアイテムです。

「新時代のデジタルタイマー」TickTime 正六角柱 ポモドーロ タイマー キッチンタイマー キューブタイマー 消音切替 音量切替機能 最大99分55秒 カウントダウン 軽量 勉強 会議 スポーツテスト
TickTime

わたしが使っているのは6角柱のデザインをした「TickTime」。

コンパクトなサイズのTickTime|「新時代のデジタルタイマー」TickTime 正六角柱 ポモドーロ タイマー キッチンタイマー キューブタイマー 消音切替 音量切替機能 最大99分55秒 カウントダウン 軽量 勉強 会議 スポーツテスト
「TickTime」の長辺は約4.5cm

「3分,5分,10分,15分,25分,30分」の面が用意されていて、使いたいタイマーの面を上にするように置くだけで、カウントダウンが始まります。

Amazonで6,000円ほどで購入しました。

「キッチンタイマー」と比べたらびっくりするほど高価なのですが、半年使った感想としては「もう手放せない相棒」ほどに使える奴です。

「TickTime」を導入する前は、スマホの「ポモドーロテクニックのタイマーアプリ」を使っていたんです。

でも逆効果でした。気付くとSNSを開いてしまい、ムダな時間を過ごしてしまうんですよね。

スマホの誘惑に勝てなかったです…。

この「TickTime」のおかげでスマホの誘惑に邪魔されることなく、集中時間を作れるようになりました。

キューブ型タイマーのメリットは、「転がすだけ」というタイマーの使いやすさ。

「TickTime」を導入してからは、「立つ・座る」の姿勢切り替えが1日に10回~15回になっています。

カウントダウンタイマーというより、まるで「専属トレーナー」のよう。

30分経った。さあ、立って!

このタイマーのおかげで身体を動かす機会が増えて、テレワーク中に眠気に襲われずに集中した時間を過ごせるようになりました。

Amazon スタンディングデスクの紹介

Amazonギフト券チャージでポイントが貯められる

Amazonで買い物するなら「Amazonギフト券チャージ」でポイントを貯めるのがオススメ。
プライム会員の方なら、現金チャージで最大で2.5%のポイントがゲットできます。

例えば、9万円をチャージしたとしましょう。
プライム会員なら2,250円分もポイントがもらえるってわけです。

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

大きな値段のお買い物するときには、検討してはいかがでしょうか?

ポイント付与の条件などもあるので、詳しくはAmazonのサイトで利用細則をご確認ください。

ポイントチャージについて調べる

スポンサーリンク

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

立ちっぱなしの作業で身体を壊さないように、適度に休憩をいれていきましょう。

スタンディングデスクの効果的な使い方
  1. 作業を1時間ごと区切り、5分から10分の休憩を取る
  2. 1時間のうちに、立ち姿勢を10分~30分挿入する
  3. 立ちっぱなしで40分以上作業しない

スタンディングデスクを導入すれば、自動的に効果があがるわけではありません。

昇降デスクで身体に悪影響が出る「立ちっぱなし作業を」しないように、「姿勢を切り替える仕組みづくり」に取り組んでいきましょう。

スタンディングデスクで姿勢を変える3つの要素
  1. 「M:動機」・・・姿勢を変えるモチベーション
  2. 「A:能力」・・・デスク昇降の手軽さ
  3. 「P:プロンプト」・・・姿勢を変えるきっかけ

この記事が、あなたの生産性アップ、営業成績アップにつながれば幸いです。


それではまた!

FlexiSpotの耐久性と重い理由【レビュー】FlexiSpotの耐久性はどうなの?脚が重い理由とは?
スポンサーリンク